伊藤 泉  助教

研究内容

    ディジタル信号処理, 画像処理

略歴

    2003年(平成15年) 4月 東京都立大学工学部入学
    2007年(平成19年) 3月 東京都立大学工学部電子・情報工学科卒業
    2007年(平成19年) 4月 首都大学東京大学院 システムデザイン研究科 情報通信システム工学専修 博士前期課程入学
    2008年(平成20年) 3月 首都大学東京大学院 システムデザイン研究科 情報通信システム工学専修 博士前期課程修了
    2008年(平成20年) 4月 首都大学東京大学院 システムデザイン研究科 情報通信システム工学専修 博士後期課程入学
    2010年(平成22年) 3月 首都大学東京大学院 システムデザイン研究科 情報通信システム工学専修 博士後期課程修了
    2010年(平成22年) 4月 東京工業大学 教育工学開発センター 特任助教
    2011年(平成23年) 3月 東京工業大学 教育工学開発センター 助教
    2011年(平成23年) 4月 東京工業大学 社会理工研究科 人間行動システム専攻 助教

受賞

  • 電子情報通信学会・画像符号化シンポジウム学生論文賞 (2008/12/1)
  • 電子情報通信学会・論文賞 (2008/5/27)
  • 映像情報メディア学会・優秀研究発表賞 (2007/12/18)
  • 精密工学会画像応用技術専門委員会・映像情報メディア学会工学研究委員会合同サマーセミナー優秀発表賞 (2006/9/1)
  • 東京都立大学・成績優秀者表彰工学部 (2006/9/28)

所属学会

    電子情報通信学会, IEEE, EURASIP, APSIPA, 映像情報メディア学会

[学術論文]

    5. I.Ito and H.Kiya, “Phase-Only Correlation Based Matching in Scrambled Domain for Preventing Illegal Matching,” LNCS on Transaction, vol.6010/2010, pp.51–69, June 2010.
    4. I.Ito and H.Kiya, “One-time Key Based Phase Scrambling for Phase-only Correlation between Visually Protected Images,” EURASIP Journal on Information Security, vol.2009, Article ID 841045, Feb. 2010
    3. 伊藤 泉,貴家 仁志,“位相スクランブルとその画像マッチングへの応用,” 電子情報通信学会 論文誌,vol.J92-A,no.7,pp.459–469,Jul. 2009.
    2. 伊藤 泉,貴家 仁志,“ DCT符号位相相関による非整数サンプルシフト量推定のためのフィッティング関数,” 電子情報通信学会 論文誌,vol.J92-A,no.3,pp.172–181,Mar. 2009.
    1. 伊藤 泉,藤吉 正明,貴家 仁志,“DCT係数の正負符号と位相限定相関との関係について,” 電子情報通信学会 論文誌,no.7,pp.567–577,Jul. 2007.

[国際会議論文]

    12. I.Ito and H.Kiya, “Symmetric-extension Based Whitening for Phase Correlation,” APSIPA ASC Dec. 2010 to be published.
    11. I.Ito and H.Kiya, “Symmetric Correlation and Its Properties,” EURASIP European Signal Processing Conference (EUSIPCO), pp.1301-1305, Aug. 2010
    10. I.Ito and H.Kiya, “A Theoretical Analysis of One-time Key Based Phase Scrambling for Phase-only Correlation between Visually Protected Images” APSIPA ASC 2009, Oct. 2009, pp.250-253, Oct. 2009
    9. I.Ito and H.Kiya, “Image matching between visually protected images with one-time key based phase scrambling,” EURASIP Europian Signal Processing Conference (EUSIPCO), pp.1314-1318, Aug. 2009.
    8. I.Ito and H.Kiya, “Phase Scrambling for Blind Image Matching,” IEEE International Conference on Acoustics, Speech and Signal Processing (ICASSP), no.IFS-P2.9, pp.1521–1524, Apr. 2009.
    7. I.Ito and H.Kiya, “Multiple-Peak Model Fitting Function for DCT Sign Phase Correlation with Non-Integer Shift Precision, ” IEEE International Conference on Acoustics, Speech and Signal Processing (ICASSP), no.BISP-P1.12, pp.449–452, Apr. 2009.
    6. I.Ito, A.Uemura, and H.Kiya, “Extension of DCT Sign Phase Correlation to Subpixel Registration, ” IEEE International Symposium on Intelligent Signal Processing and Communication Systems, no.TAM1-3-3, pp.37–40, Feb. 2009.
    5. I.Ito and H.Kiya, “A New Class of Image Registration for Guaranteeing Secure Data Management, ” IEEE International Conference on Image Processing (ICIP), no.MA-PA.5, pp.269–272, Oct. 2008.
    4. H.Kiya and I.Ito, “Image Matching between Scrambled Images for Secure Data Management, ” EURASIP European Signal Processing Conference (EUSIPCO), Aug. 2008.
    3. I.Ito and H.Kiya, “DCT Sign Only Image and Its Application to Phase Only Correlation, ” International Workshop on Advanced Image Technology, no.A3-5, Jan. 2008.
    2. I.Ito and H.Kiya, “DCT Sign-Only Correlation with Application to Image Matching and the Relationship with Phase-Only Correlation, ” IEEE International Conference on Acoustics, Speech and Signal Processing (ICASSP), pp.1237–1240, Apr. 2007.
    1. I.Ito and H.Kiya, “Modified Phase-Only Correlation Using the Sign of DCT Coefficients with Application to Image Matching, ” International Workshop on Advanced Image Technology, pp.308–313, Jan. 2007.

[著書・解説論文]

    5. 貴家 仁志, 伊藤 泉,”画像の位相表現と位相相関への応用,” 画像ラボ, 日本工業出版, pp.1-7, Oct. 2010.
    4. H.Kiya and I. Ito, “Phase scrambling for image matching in scrambled domain,” Recent Advances in Signal Processing, ISBN 978-953-7619-41-1, In Tech, Mar. 2010.
    3. 貴家 仁志, 伊藤 泉,”位相スクランブルとその応用,” 画像ラボ, 日本工業出版, pp.31-37, Feb. 2010.
    2. 貴家 仁志, 伊藤 泉,”画像位相情報の利用法,” 電子情報通信学会会誌, vol.93, no.1, pp.55-60, Jan. 2010.
    1. 貴家 仁志, 伊藤 泉,”DCT符号相関と画像パターン認識への応用,” 画像ラボ, 日本工業出版, pp.40-47, Oct. 2007.

[国内講演論文]

    25. 伊藤 泉,貴家 仁志,“DCT領域での相関計算法と白色化信号の効果”, 電子情報通信学会 信号処理シンポジウム, Nov. 2010 to be published.
    24. 伊藤 泉,貴家 仁志,“信号端の影響を考慮したDCTによる相互相関計算法,” 電子情報通信学会, 信号処理研究会, pp.147–152Mar. 2010.
    23. 伊藤 泉,貴家 仁志,“DCT符号相関と対称畳み込みの関係について,” 電子情報通信学会 信号処理シンポジウム, no.B1-5,pp.267-271, Oct. 2009.
    22. 伊藤 泉,貴家 仁志,“DCT相関とその一般化,電子情報通信学会 画像符号化シンポジウム,” no.p-5.02,pp.79-80, Oct. 2009.
    21. 伊藤 泉,貴家 仁志,“画像のDCT符号スクランブルとMSE制御,” 電子情報通信学会 ソサイエティ大会,vol.ESS,no.A-4-19,p82, Sep. 2009.
    20. 伊藤 泉,貴家 仁志,“ワンタイムキーを用いた位相スクランブル信号のためのPOCの理論解析,” 電子情報通信学会 信号処理研究会,vol.109,no.112,no.SIP2009-19,pp.7–11,Jul. 2009.
    19. 伊藤 泉,貴家 仁志,“位相限定相関のための画像の視覚的保護法,” 電子情報通信学会 総合大会,vol.ISS,no.D-11-71,p.71,Mar. 2009.
    18. 伊藤 泉,貴家 仁志,“DCT-SPCによる非整数サンプルシフト量推定のための双峰性モデルフィッティング関数,” 電子情報通信学会 信号処理シンポジウム,no.A2-3,Nov. 2008.
    17. 伊藤 泉,貴家 仁志,“相関ピークの相互干渉を考慮したDCT-SPCによるサブピクセル画像マッチング,” 電子情報通信学会 画像符号化シンポジウム,no.P5-16,Oct. 2008.
    16. 伊藤 泉,貴家 仁志,“セキュリティを考慮した画像マッチングのための一般化位相スクランブル法,” 映像情報メディア学会 メディア工学研究会,Sept. 2008.
    15. 伊藤 泉,貴家 仁志,“位相スクランブル画像と画像マッチングへの応用,” 電子情報通信学会 信号処理研究会,vol.108,no.108,no.SIP2008-41,pp.33–38,Jun. 2008.
    14. 伊藤 泉,貴家 仁志,“DCT正負符号に基づくJPEG符号化画像のためのCoFIP,” 電子情報通信学会 総合大会,vol.ISS2,no.DS-4-8,Mar. 2008.
    13. 伊藤 泉,貴家 仁志,“DCT正負符号に基づく画像間距離とそのDCT符号相関との関係,” 電子情報通信学会 画像工学研究会,no.488,no.IE2007-235,pp.97–101,Feb. 2008.
    12. I.Ito and H.Kiya, “DCT Sign Only Image and Its Application to Phase Only Correlation, ” Technical Report of IEICE, vol.107, no.411, no.IE2007-175, pp.205–210, Jan. 2008.
    11. 伊藤 泉,貴家 仁志,“DCT正負符号に基づく衝突制御ハッシュ関数,” 電子情報通信学会 信号処理シンポジウム,no.P2-10,pp.711–716,Nov. 2007.
    10. 伊藤 泉,貴家 仁志,“DCT正負符号をオブジェクトとするCoFIP法の提案,” 電子情報通信学会 映像メディア処理シンポジウム,no.I2-15,Nov. 2007.
    9. 伊藤 泉,貴家 仁志,“DCT符号相関のContents Fingerprint (CoFIP)への応用,” 電子情報通信学会 ソサイエティ大会,p.64,Sept. 2007.
    8. 伊藤 泉,貴家 仁志,“画像特徴量としてのDCT正負符号とその評価,” 電子情報通信学会 信号処理研究会,vol.107,no.1,pp.25–30,Jun. 2007.
    7. 伊藤 泉,貴家 仁志,“画像遮蔽のDCT符号限定相関への影響,” 電子情報通信学会 総合大会,Mar. 2007.
    6. 伊藤 泉,貴家 仁志,“1次元DCT符号限定相関による画像マッチング,” 映像情報メディア学会 メディア工学研究会,vol.31,no.10,pp.141–146,Feb. 2007.
    5. I.Ito and H.Kiya, “Modified Phase-Only Correlation Using the Sign of DCT Coefficients with Application to Image Matching, ” Technical Report of IEICE, vol.106, no.448, pp.163–168, Jan. 2007.
    4. 伊藤 泉,貴家 仁志,“DCT符号限定画像とその性質について,” 電子情報通信学会 信号処理シンポジウム,Nov. 2006.
    3. 伊藤 泉,貴家 仁志,“DCT/DST符号限定相関と位相限定相関の関係について,” 電子情報通信学会 映像メディア処理シンポジウム,pp.101–102,Nov. 2006.
    2. 伊藤 泉,貴家 仁志,“DCT係数の正負符号と位相限定相関の関係について,” 映像情報メディア学会 メディア工学研究会,vol.30,no.42,pp.85–88,Sept. 2006.
    1. 伊藤 泉,藤吉 正明,貴家 仁志,“DCT符号限定画像とその画像マッチングへの応用,” 映像情報メディア学会 メディア工学研究会,vol.30,no.33,pp.29–32,Jun. 2006.

[その他]

    中村 英輔,伊藤 泉,貴家 仁志,“輝度勾配バイナリ画像の位相情報に基づく画像マッチング,” 電子情報通信学会 信号処理研究会,vol.108,no.108,no.SIP2008-42,pp.39–43,Jun. 2008.
    植村 淳志,伊藤 泉,貴家 仁志,“DCT符号相関を用いたサブピクセル精度画像マッチング,” 映像情報メディア学会 メディア工学研究会,vol.32,no.10,no.ME2008-67,pp.77–82,Feb. 2008.